プロフィール

emu

Author:emu
茨城県在住の40代の主婦です。
2011年11月41歳になって間もなく、リウマチと診断されました。
が、症状は多分39歳~40歳始めには出ていたと思われます。

リウマチの治療の事は新ブログへお引越し。

2016年2月現在 リウマチの治療と子宮腺筋症(卵巣腫瘍疑い)の二つの治療をしています。

ブログをお引越ししてからは、婦人科の治療の記録ブログとなってます。

FC2プロフ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
デフォルトカウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は婦人科

今日は婦人科の通院でした。

改めて書きますと・・・、
私の持病は「関節リウマチ」もありますが、
その前から「子宮内膜症・子宮腺筋症」と言う
婦人科の病気もありました。
(余談、せんきんと入力したら「千金」と変換。千金のお金が欲しいわ~(^▽^;) )

ここ数年はそちらは落ち着いていたはず(?)
でしたが、ここに来てのまさかの治療宣告。

幸いと言うかいたしかたのない理由により
(詳しくは後程。)手術は回避になりましたが、
年末または年明けから、偽閉経療法のための
治療を注射にてする事になりました。

ここに至るのには、10年以上も話を遡らないと
いけないので、おいおい書いて行こうと思います。

関節リウマチの方で、同じように内膜症(腺筋症)の
治療をされる方もいらっしゃるかもしれないので、
今後の記事は、少しでも参考になればと思い、
なるべくオープンにしたいと思っております。

しかし、デリケートな問題でもありますので、
少しオブラートに包んだような表現になる場合も(?)
リウマチの同病の方はお付き合いさせてしまいますが、
元々「emuの日記」は私自身の事を書いているので、
ご了承頂けると有難いです。

尚、今回から治療の記録のため
「子宮腺筋症の治療」として①から始めたいと思います。

今日は紹介のみになりますが、あしからず。

ただ、少し不安も・・・φ(..)カキカキ

リウマチの治療と腺筋症の治療を
並行してするにあたって、一番の不安は
偽閉経の治療での副作用で、骨密度が低下するとか
ネットで見た事です。

実際にどうかは、治療を開始してみないと
分からないと思いますし、副作用も個人差が
大きいようですが、偽閉経にするので更年期障害は
勿論だし、それに関連して「鬱(うつ」になり易くなるとかも。

今の時代、調べるとネットでの情報が色々見れて
良いような悪いような・・・。
今から不安になって心配しても仕方ないですが、
いくら楽観的な私でも、やはり二つの病気の治療を
平行となると少し気になります。

まぁ世の中には、3つも4つも治療を平行している方も
大勢いると思いますし、実際良く考えると私も今は
耳鼻科でも治療しているので、3つかーとも思ったり^^;

。。。話が逸れました。

では、今日はここまで。
また書けたらこれまでの経過を思い出しながら
書くかも知れません。
スポンサーサイト

検索フォーム
リンク
ツイート
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。