プロフィール

emu

Author:emu
茨城県在住の40代の主婦です。
2011年11月41歳になって間もなく、リウマチと診断されました。
が、症状は多分39歳~40歳始めには出ていたと思われます。

リウマチの治療の事は新ブログへお引越し。

2016年2月現在 リウマチの治療と子宮腺筋症(卵巣腫瘍疑い)の二つの治療をしています。

ブログをお引越ししてからは、婦人科の治療の記録ブログとなってます。

FC2プロフ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
デフォルトカウンター

一昨日の通院にて

一昨日の通院時の会話の続きです。

その時、先生が言っていた”気になる事”は
「バイオの治療費に関して、保険(私の場合は主人の保険)で
 負担が軽くなるかも知れないらしい。」という事でした。

先生もうろ覚えなのか、正確な情報でないので、
正直、何とも言えないのですが・・・。

某バイオ製剤の名前を出して、
「最近は○○とか、会社で入っている健康保険で補助がでるらしいよ」
と言うような事を主治医が言っていたのです。
(言葉は、全部合ってないと思いますが、大体こんな内容でした。)

そんな話聞いたことがありますか?
って、逆に質問してしまってすみません。。。

そして、
それが具体的にどういう手続きをするとか分らないうちに
こうしてブログに書く事も間違っているのかも知れませんが、
もし知っている方がいればと思い、書いてみました。

もしそれが本当なら、少しは安く治療できるのかな?

確かにバイオの治療費は高い。金額がネックになって
バイオ治療をしない(出来ない)人がいる事も事実です。

私は・・・と言うと、これもまた複雑で。
いずれ、その理由は「限定記事」にて書こうと思っています。
悩みたくないけど、やっぱり治療法については悩みます。

金額もあるけど、それだけじゃない個人的な理由もあるのです。
きっと皆、何かしら悩みながら治療しているのだと思います・・・。
スポンサーサイト

夢をみた(鍵記事です)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

経過報告

チョイお久しぶりです。
少し間が空いてしまいました。

毎日仕事&個人的な用事&通院等で忙しく
中々ブログ更新まで出来ませんでした。

11連勤と言っても、本業のみしている状態で
特別にパートの方は休みをもらっています。

なので、もっと時間に余裕があるかと思ったのですが、
少し時間が出来ても寝てしまったり、事務作業に
追われて、中々ハードな日々を送っています。

明日は、やっと短時間の仕事が入っているだけで、
久しぶりに朝寝坊も出来そうです。

仕事が忙しくて、リウマチの事忘れてた~って
なると本当に良いのでしょうが、これが・・・
疲労と共に?今日は特に痛みが出ています。

そして昨日はリハビリのついでに、タクロリムス投与後
3週間の経過報告と、花粉症の点鼻薬の処方をして貰いました。
それと最近、坐骨神経痛の症状と思われる左下肢の痛みが
強くなっているので、その相談もしました。

まずは、経過報告。
腫れやこわばりは少し減ったものの、右手薬指はあまり変化なし。

で、私が思ったのは、今痛いのは使い痛みで(こわばりはあるけど)
それはいつの間にか症状が進んだ結果、関節が変形のある
右手首のように、少し壊れてしまったため、痛みが出ているのかな?
という事です。

元々、右手薬指の第二関節は最初に腫れが出ていたし、
その後落ち着いていたけど、実は色んな検査でも分らない所で
関節破壊が進んでいたんじゃないか。

それなら、今飲んでいるタクロリムスは効いていて、これ以上は
治療を変える必要はないかも知れないと、自分なりに思っていました。

でも、診察で主治医に効いてみたら、薬が効けばもっと症状も
治まるはずだと言っていました。

んーそうなのかな?
でも、確かに薬指の朝のこわばりは一向に減らないし、指が曲がらない。
物を掴む角度によって痛みがある。
もう既に壊れたからの痛みなら、今後使う上で工夫するしかないと思っている。

でも、主治医には「症状が治まっていないのでは?」と言われた。
そして、「それが続くのであればやはりバイオをした方がいいかも知れない。」
と言われました。

正直、自分ではどっちの痛みか分らない部分もあります。
ただ、痛みがあって不便な事だけは事実です。

痛みだけに囚われたくないけど、無視する事も出来ない。
そんな感じで、今、仕事も(本業は)楽しいし。
悲観したり、リウマチの事を気にし過ぎたりもしてないと思うけど、
やっぱりそんな気持ちの持ちようだけではダメなのかな?

まぁちょっと予想外に忙しく、身体も疲れているのかも知れませんが、
中々スッキリしない体調に嫌になってしまう時も・・・。

これがまた良くないんだろうな。

まだ後1ヶ月ほど経過観察しますが、その間に症状が落ち着くと良いな。
それでも、その時は決心して生物学的製剤(バイオ)を使用しようかと
思いだして来ている今日この頃です。

昨日は、坐骨神経痛の痛み止めの注射もしました。
しかもお尻に~(^-^;
効果は微妙・・・。こちらも何だかね、、、(困)

さて、次回の更新はいつになるかな?


p.s. 思い出したけど、診察でちょっととある情報を
主治医が言っていました。
なので、また直ぐに更新します。(の、はず^^;)

筑波山の梅まつり

昨日、筑波山の
DSCF6671s.jpg
「梅まつり」に行きました。

天気も良く
DSCF6698s.jpg
ピンクの梅や

その他
DSCF6682s.jpg
色んな

種類の
DCIM5779.jpg
梅が

とても
DCIM5774s.jpg
きれいでした。

見渡す
DCIM5771s.jpg
関東平野。

春が
DCIM5773.jpg
やっと来たかな。。

雑巾絞り問題から色々考える。

最近、特に手指が痛いので、家事をするにも
色んな点で困る事が多いです。

一番は、雑巾絞り。
以前から右手首が痛かったから、今使っている雑巾は
サイズの小さいものです。

手首だけが痛む時はそれでだいぶ楽だったのですが、
最近は人差し指の付け根と薬指が痛いので、ギュッと
絞るのが〝苦痛〟で、これを続けていたらそのうち
関節が壊れはしないかと、思っています。

色々な本やネットでの情報では、雑巾の絞り方として
水道の蛇口に掛けるようにして捻じる。と書いてありますが、
正直、これってどうよ?って感じでしか絞れません(-_-;)

他にもっと上手く絞れる方法は無いかな~。
…と、今一番困っている問題の話題でした。

で、ここからが本題(?)

RA(関節リウマチ)治療の最終目標は「寛解」ですが、
その寛解って、個人差があると思うんです。
個人差と言うか、、自分がどの段階で「寛解」と思うか、
治療していく上でのQOL(生活の質)の改善が
どの状態になったら納得出来るか。という事かな。

自分がどういう状態になったら「寛解」と思えるかは、
本当にその人によって違うのだろうと思います。

・・・何故、急にこんな事を書いているのか。
実は少し前に、とある資料(本)を頂きました。
(kさん、改めまして有難うございました。)

自分の時間が中々持てず、また疲労感がある中で
読み始めても、寝てしまったり^^;頭に入らないかで、
まともに読めていませんでした(汗)

ですが、今日読んだ資料で非常に参考になる事があり、
それは治療の事もなのですが、自分の意識的にもでした。

RAは、昔から知られている疾患でしたが、ここ最近の
治療の進化は目覚ましいものだと改めて感じました。

次々と治療薬(特にバイオ製剤)が出ていますし、
診断法や治療効果の確認法等も進んで来ていると思います。

だから、だからこそ、自分が納得のいく「寛解」と言うのを
自分で決める事も大事だと思ったのです。
(通常は、医療現場で「あなたは寛解ですよ。」と言われるのでしょうけど。)

ご存じの方も多いでしょうが、現在言われている寛解には、
「臨床的寛解」「構造的寛解」「機能的寛解」があります。
※長くなるので、それぞれについてはお調べ下さいm(__)m

私は、それらの寛解にはどれも達していないのでは?と
自分自身では思っています。
正確には、「構造的寛解」は最近の状態を検査してみないと
分りませんけどね。。

痛み等の自覚症状もあるし、機能的にも出来ない事がある。
なので、治療薬(タクロリムス)を増やしたのですが…。

今、今後の治療について色々考えています。
バイオ使用も含めて。

自分が望んでも、医療的に(ガイドライン等で)出来ない
場合があったり、医師が患者の身体の声を聴かずに、
痛みを訴えても検査の数値しか見てくれない場合もあります。

幸い、私の主治医は、ちゃんと私の訴えや気持ちを聞いてくれます。
なので、もう少し勉強して、今後の事を「寛解目標」をもっと
ちゃんと考えたいと思います。

さて、明日は11連勤前の最後の休みです。
連勤が終わる頃には、4月ですね~(早っ)

でも4月には楽しみが色々(#^.^#) 春よ早く来い!

記録(画像)です。

最近、体調の事を書く記事が多くなっています。
それが愚痴っぽくなっている気もするし、本当は
あまり書くのもどうかな…って正直思っています。

でも、記録も兼ねているブログだから良いでしょ(^_-)
って事で、もう少し体調が安定するまで、このブログを
ご覧下さっている方、お付き合い下さい

で、早速。。。
先日、右手親指が腫れた時の画像。
DCIM5762s.jpg
写真にして見ると分りづらいですが、
この場所(親指の付け根)が腫れたのは
確か(多分)初めてでした。

今は、昨日辺りから腫れも痛みも無くなっています。

その他の腫れは、相変わらず人差し指の付け根にあり、
右手は薬指と共に夜中に強烈なこわばりと痛みもあります。

今日は夜中に起きてしまったのですが…。
夢の中でも痛かったような?(-_-;)

私の場合は、今特に手の症状がこれまでの経過の中でも
一番強い気がします。

そろそろタクロリムスを飲み始めて2週間。。。
早く効いてくれないかなぁ。

見えないから

今日、関東では『春一番』が吹いたそうです。
確かに風が強かった~。
そして気温も高くなり、夕方6時半頃で17℃もありました。

暖かくても風が強いと、花粉とか黄砂とか飛ぶ季節でもあり
外で過ごすという気にはなりません(^^;)

去年は大変だったので、今年は気を付けないと~。
が、昨日あたりから目が痒い・・・(ーー;)
やっぱまだ涙点プラグしなくて正解だったかも。

花粉症が来始めているからか、そんなのは関係なくか
ここ数日、関節の腫れと痛みとこわばりが増しています。
今朝は(も)寝起きに右手が握れず、握っても痛い…。

特に右手薬指は1時間程こわばりも酷く、1日中続いているし、
相変わらず、左右の人差し指の付け根はけっこう腫れています。

それだけでも不便なのですが、一昨日くらいから親指の付け根が
腫れてしまい、これが痛いんですよね…(*_*)

なので今日は、義母の通院に付き添う際に、私も診察してもらい
久しぶりにプラセンタをうってもらいました。
実は昨日右肩が痛くなり、リハビリのついでに注射と思ったのですが
病院がすごく混んでいて止めたんです。

そしたら、今日は痛みがマシになっていたので、どうしようかと
思ったけど、最近疲れが溜まっているし…と思ってして貰いました。

私の場合はですが、プラセンタをうった次の日のこわばりが
少し楽な気がするんですよね。(ホント気のせいかも知れないけど^^;)

新たに飲んでいるタクロリムスが効くまでは、もう少しかかりそうだし、
こわばりとか痛みが強いのは、花粉症の時期とかも関係あるのかも?
(去年がそうだったので。。CRPも去年は私にしては少し上がったしね。)

くしゃみや鼻炎が酷かった去年は、きっとその炎症の影響もあったと
思いますが、怠かったし多少こわばりも増えてたような?
でも、今年は花粉症の季節の前から、腫れと痛みが増していて、、
ちょっと良くないな~。(*_*;

ちゃんと寝てるし、食べ物も気を付けている(つもり)んだけど。
(やず○の十六穀米続けてるよ~。でも、品目がまだまだ足りないかな…。)

とにかく、手が痛いと不便なので、早く腫れがひくといいな。

思い出したのですが、今日病院で注射を看護師さんにしてもらった時
看護師さんが『痛みは傷みたいに、見えないからね…。』と
私を気遣って下さいました。

確かに、痛いけど見えないから分りづらい。

フォローして。なんて思わないし、言わないけど、
今日は野菜を切るのが痛かった。お財布からお金を出すのも痛かった。
痛いのはもう卒業したい!(卒業の季節だけに^m^)

忘れていました(^-^;

そう言えば、書こうと思って忘れていた事がありました。
それは、「目の事」です。

先日眼科で定期検査をした際、前回から引き続き、
目の表面の傷が全然良くなっておらず、先生から
『「涙点プラグ」って知っていますか?』と言われました。

涙点プラグとは、涙が鼻へ排出される出口(涙点)を
塞ぐプラグの事です。(とemuは認識しています。)

涙が鼻に抜ける穴は、左右の目の上下に合計四か所
あるらしく、多分それらに小さなプラグをするのだと
思います。

費用の方は、私が行っている眼科では6千円位は
掛かると言われました(@_@;)

あ~、なんでお金のかかる身体なの・・・。と
今回も思いましたが、改善しないなら考えないと。。

金額を訊いて、その日はとりあえず『今度予約します。』
と言って帰って来ました。

それから色々と忙しくなってしまったので、
まだ予約してませんし、後で考えたら、この花粉症の季節に
処置をしてもらって、目が痒くなって掻いて取れたりしないか
ちょっと心配になりました。

関節リウマチで眼科症状を持ってしまっている人って
けっこういると思うのですが、それもそれで大変ですよね…。

多分、今月中には行けそうもないし、花粉症の季節が
終わってから考えようかな。

春、色々考える

久しぶりにちょっと間が空いてしまいました。

今月は有難いことに、本業の仕事がギッシリです。

先日の薬指の激痛騒動(私の中で^^;)で、
すっかりパートの方の仕事はぬるま湯に
浸かった状態で、働かせて貰っています。

と言うのも、やはり手を酷使する仕事なので、
この作業は辛い(続けるのが難しい)と
上司に話してみました。

正確にはゆっくりすれば大丈夫かも知れないけど、
自分のペースでしか出来ないです。と言うような
事を伝えたのです。

こんな状態で、甘えてしまって良いのか、
正直、パートの仕事は辞めるべきなのかと
何度も思っています。

『こんな状態なので、いつでも首にして
 もらっていいですよ。』と言ったら

『そんな事言う人(この会社には)いませんよ。』
等と温かい言葉を頂きました。(涙)
本当に良いのかな…と複雑な心境です。

人手不足なのもあるかも知れませんが、
そう言って頂くのが申し訳ない気持ちです。

春は別れの季節でもあり(まだ春って感じじゃないけど)
折角仲良くなった同僚が、ご主人の転勤で
遠くに行ってしまいます。

もう直ぐ産休に入る同僚もいます。
先日記事に書いた上司もそろそろ退職です。
皆色々あるんだね。。。

と言う我が家もちょっと…。

明日から少し暖かくなるみたいですね。
花粉だけは遠慮したいけど、春は歓迎です(#^.^#)

続きを読む

星空

3年前の今頃、私は自宅のリビングと自分の車を行き来していた。
車の中でテレビを見るためだ。

外はひんやりしていて、凄く星が綺麗だったのを覚えている。

バッテリーが上がらないよう、時々しかテレビを見られず、
情報(映像)は細切れだったが、とてつもない事が起きている
それだけは分かった。

未だに悲しみが癒えない方々が沢山おられる。
当然だと思う。
きっとその想いはこの先も続くのだろう。
せめて、行方不明の方々が家族の元に帰って来ますように…。

この時間(日付が変わる頃)になると、
あの日に見た星空を思い出す。
とても切なく悲しい星空を。

3月9日(サンキュー・感謝)の日

この数年、本日3月9日(サンキュー)の日に
ここや猫ブログに記事を書いています。

去年の記事はこちら

毎年書いていても、その都度感じている事や
気持ちなど、少しずつ変わってくるものです。

それは良い変わり方で、成長によっての物
のように思います。

自分が成長できたからこそ、感じ方が違ったり
同じことでも、また新たな発見があったり。

歳を取るのが、年を重ねるのが、そういった意味では
とても楽しみです。

3/9は、毎年『3.11』が近い事もあって、
メディアでは、『震災(東日本大震災)』の事を
多く取り上げています。

あの日から、時間が止まったままだと、そう仰る方々が
少なくない事に胸が痛みます。

私は、今、時期的にどうしても思い出す事が
多くそれが辛い(悲しい)と感じていますが、
思い出すではなく、日々そういう想いを心の中で
ずっと持ち続けている方が沢山いる事が切ないです。

いつも忘れてはいないけど、やはり当時の映像をみると
どうしようもない痛みに近い悲しみや苦しさを
思い出さずにいられません。

・・・だからこそ、今の自分の周りの人や
生活そのものに、『感謝』ってやはり思います。

皆さんの『感謝』の思いは、
何にですか?
誰にですか?


*今日は、どちらのブログも共通の記事とさせて頂きました。

右手の薬指

薬指が・・・激痛です。

朝から右手薬指の付け根が
すごくこわばっていて。

昼間は何とかもったけど。。
夕方から再び怖いくらいに固まって
今は手を開いても薬指だけ痛くて
開けません・・・(>_<)

薬指、第二関節かと思っていたら
付け根だった!!

こんな症状出たの初めてでびっくり(@_@;)
ここだけだけど、手のひらに釘を打ったかのように
痛いです。

明日もこのままだと困るんですけど~。

こんな近場で!(笑)・・・からの(汗)

前回の記事でコメントやメール頂いた方々
ありがとうございました。

色々工夫しながら、焦らず苛立たず(^-^;
やって行こうと思っています。

私も自分の事(治療)でちょっと変更がありました。

先日、こちらの記事で書きましたが、その後(昨日)
検査結果報告の診察で、主治医から話がありました。

この前の診察で言って頂いた通り、その日の勉強会で、
私の治療について、別の病院の先生に相談して
下さったようでした。

そして、それを踏まえて、主治医より
今後の治療について、3つの提案がありました。

早い話が、その先生に相談した結果、
血液検査のデータに問題が無い場合でも、
患者本人の自覚症状が大事で、また患者側の
年齢が若い程、治療を積極的にした方が良い
との趣旨の事を言われたようでした。

つまり、私のように検査値が異常値でなくても
症状として腫れや、痛みやこわばりを継続的に
感じている患者の場合、将来的に起こりうるかも知れない
変形や骨破壊を未然に防ぐために、治療の見直しを
する必要があるという事のようです。

そして私の場合は、以下の様な治療法を
提案されたのです。

まずその1、現状飲んでいるMTXを上限の16mgまで
増やしてないので、単純にMTXを上限まで増やす。

その2、生物学的製剤使用を始める。

その3、今飲んでいる免疫抑制剤(MTX)に
加えて新たな薬(プログラフ)を飲む。

それぞれについて、付け加えた説明もありました。

その1について、
MTXを現状より増やすのもありだし、今の飲み方
火曜朝4mg・火曜夜4mg・水曜朝4mgを変更して
一気に12mgを飲むとか朝6mg・夜6mgにしてみるとか
そういう方法もやってみる価値はあるとの事。

以前も話に出ましたが、MTXを小分けにして飲むより
一度に飲む事によりより効果が出る事が期待出来るそう。
(メカニズムについては説明を受けてません。)

これについて、私はちょっと及び腰・・・。
と言うのも、一気に飲む事によって吐き気が
出る場合もあるらしいので。。

やはり吐き気は嫌だし、、MTXを増量するのは
肝機能や肺機能の心配も出てくるし、それなら
もう別の薬を試したいと思ったのでした。

※尚、ここで主治医から肺のレントゲンの
話が出て、前回はいつ撮ったかと言われました。

前回は去年の夏頃でしたが、それを言うと、
少し間が空いているね…との事。
え?半年で?と思ったら、慎重な先生は
3ヶ月に1度撮影しているらしい…。

それだけ、リウマトレックス(MTX)の内服では
間質性肺炎に気を付けるべきという事です。

もう慣れてしまって、そんなに副作用が心配な
薬を飲んでいたのか~と改めて思って複雑な心境に。。

っと、話がそれました

えっと…前回MTXを10㎎⇒12mgに増やした時に、
治療に反応して一旦症状が落ち着いたので、
取り敢えず、増量してみては?という事のようです。

その2、生物学的製剤を開始する。については
やはり経済的負担と副作用の問題、治療開始には
ツベルクリン反応等様々な検査をしないといけない事、
今行っているクリニックでは出来ない治療もある事
(多分、点滴での治療等かな?)
そう言った問題があるようです。

ただ、今回一緒に勉強会を行った先生とは、
これを機に顔見知りになったので、そちらの病院を
紹介するのは、大学病院よりはし易いとの事。

※ここで個人的な問題(と言うか事情が…)
実は、この紹介されるかも知れない病院で
以前、私は勤務していた事があるのです。。
なので、先生は覚えてないだろうけど、看護師さんに
知っている人がまだいるかも知れないんです。

別にそれは良いのですが、やっぱりなんか
病気の事を知られるのはね…と、まぁ
小っちゃな拘り?(^^;)だよね…

それが理由ではないけど、結局私が選んだのは、
その3、新たにプログラフを追加で飲む。に、
しました。

なんでも、MTXとプログラフを飲んで症状が
緩和される事がけっこうあるらしいとの情報を
勉強会で知ったらしいのです。

私もまぁその飲み合わせは知ってはいました。
(とあるブロ友さんからね(^_-)-☆)
なので、話は早い。。って事でこれで決定。

取り敢えず、この投与を2ヵ月程してみて
体調を観察し、その時の状態で生物学的製剤を
使用するべきかの判断を再度する事になりました。

と、言うわけでこの日の診察は検査結果と
(今回も正常値。。。^^;)これら上に書いた
話をして終了になりました。

私の診察が、その日の最終診察に近い順番
だったからか、けっこう長い診察時間でした。
本当に丁寧に説明して下さって、そして、
こうして色々考えて頂けて有難かったです。

さて、家に帰った私。
知ってはいたものの、プログラフはどんな薬かな?
とググってみて、知った驚きの事実!(大袈裟)

実際飲むのはジェネリック薬になるので、
こちらのリンクでどうぞ。。
 ↑
ここの開発の経緯をご覧ください。
その中に、
『1984 年に筑波山付近で採取された・・・』
ん?筑波山!そんな近場で!!

えー、筑波山から予想外の恩恵を・・・
これから見方が変わってしまいそうです。

さて、今日薬局に行ったところ、プログラフの
ジェネリック薬は在庫が無く、取り寄せとなり、
まだ飲み始めていません。プログラフはあったのですけどね。

ジェネリックにどうしてもしたいの~。

だって。。。薬代けっこう高いんですもの…。
恩恵は有難いけど、何か複雑なのでした(汗)

以上、本当に長い記事を読んで下さってありがとです。

そうそう、実はもう一つ悩むことが今日出現。
それはまた明日にでも。

家族の事(限定記事ですm(__)m)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

症状の報告と相談

今日、診察&定期検査に行って来ました。

リハビリは週2回程行っていますが、
診察は久しぶりでした。

今日の診察では、最近の症状と自分なりの
痛みの評価(ペインスケール)を記録した
メモを渡しました。

私の主治医は、いつも持参のメモを
カルテに貼ってくれます。

今日も『最近どうですか?』と聞かれて
直ぐにメモを渡したので『おお、、』
と言いながら貼っていました。

メモに書いた事の一部

最近、右人差し指の付け根の痛みが強い。
右薬指も以前より痛む(特に朝)
夕方~夜にかけて、(上記)の関節の
痛みや腫れが出る(特に痛みは強い時あり)

痺れる箇所も何ヶ所か書きました。


昨日の夜は本当に久ぶりに痛みが強く…
今日は全然楽な方。

本当に日によって、また時間帯によって
痛みの度合いがかなり違う。

その事も先生に伝えたら、
『昨日は雨が降って寒かったからね…。
 神経痛とか関節痛でも天候や気温の影響を
 受けるからそういうのも関係あるかも』
と言うような事を言っていました。

確かに、雨の時痛みが増す時もあるけど、
私は天気が良くても痛むときがあるし、、
良く分りません・・・。

それと、毎朝こわばり(痛み)が強く
手が握れない時がある事。
そして、それが今後も続くようなら
変形する可能性もあるのか?を訊きました。

それに関しては、『炎症が滑膜なら
変形する事も有りうる』との事でした。

去年検査したMRI(コンパクトMRI)では
炎症があっても軽いものと言われましたが、
やはり続くのは良くないのかな・・・。

兎に角、今、自分で嫌な感じなのは
右手の薬指の違和感(突き指したような感じ)
なんです。

最初に腫れた箇所で、ここは明らかに
滑膜の炎症による腫れだったし、
ここの腫れが中々引かなかったから
MTXの量も増やしていった。
(その当時は、血液検査の結果も
 症状とリンクしていたように思う。)

一旦落ち着いていたのに何故?と言うのと
気のせいかも知れないけど、やっぱり
少し外側に曲がって来ている感じがします。

私の症状や質問した事、不安などを
先生はじっくり聞いてくれました。

そして、
『(リウマチは)数値的には落ち着いていても
 症状と一致しない時があるからなー』
と私に言うような呟いているような事を言い。

『今日、これから○○病院の先生と
勉強会があるから訊いてみるよ』と。
『リウマチの先生だから○○さん(私emu)の事訊いてみる。』
と言っていました。

薬(MTX)を増やすか、バイオにするかの
状態なのか、リウマチの悪化ではなく、
別の問題なのか…。どうしたらいいのか。

・・・薬の増量は、やっぱ嫌だな~。

なので、今の状態が改善するヒントは無いか?

と、考えた時。
実は色々思い当たる(か、どうかは分らないけど)
事もあったのでした。

それについては長くなったので、また今度
まとめて書くことにします。

それにしても、色々考えてくれる先生に感謝です。
(今、義母も通院中なので義母の事も教えてくれた)
これが小さい病院のいいところかも知れません。

今の想いをつぶやいてみる

朝、起きた時、右手の指が握れない。
完璧指の付け根が腫れている・・・。

手首もきっと固まっているんだろうけど、
右手人差し指の付け根が痛すぎて、手首は
左程痛みを感じない。

いいのか?こんなんで・・・。

軽くても炎症が続いているのだろうか。だろうね。。


忙しくて病院にもリハビリに週2回行けるかどうか。
行ったところで、診察しても治療に変わりないだろうし。

最近、きっとストレスだろうと思い当たる事はある。

多分、家族の事。

以前、たしかスピリチュアルな某○原さんが言っていた。

仕事が上手くいくと家庭で問題とか心配事とかが
起きてくる。

仕事も家庭も(健康も?)全部上手く行くって事は
殆どないと思った方が良いそうだ。
全てを望んではいけないってことらしい。

全然何も悩んだり、心配事が無い人は確かに居ないと思う。

だからどれも、僅かでも、低空飛行でも、それなりに
安定しているのが一番いいのかも知れない。

今までを振り返ってみるとそうだったのかもね。

きっとまたそういう時期に来ているのかな。


仕事と家庭と病人(この言い方嫌いだけど)
やっぱりバランスよく熟すのは中々難しいものだ。

取り敢えず、次の診察ではこの腫れの事は
言ってみようと思う。
変形したら、いやだものね。。

検索フォーム
リンク
ツイート
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR