プロフィール

emu

Author:emu
茨城県在住の40代の主婦です。
2011年11月41歳になって間もなく、リウマチと診断されました。
が、症状は多分39歳~40歳始めには出ていたと思われます。

リウマチの治療の事は新ブログへお引越し。

2016年2月現在 リウマチの治療と子宮腺筋症(卵巣腫瘍疑い)の二つの治療をしています。

ブログをお引越ししてからは、婦人科の治療の記録ブログとなってます。

FC2プロフ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
デフォルトカウンター

婦人科通院

今日は、リュープロレリンの
3回目の注射でした。

先ずは問診。

最近の調子は?
・ホットフラッシュの増加
・首の痛み増加
・睡眠の中途覚醒増加
・不安感(気分の落ち込み)あり
って感じで、調子は良くないです。
※生理が来てないのは良し◎

ホットフラッシュは、前回と同じで
それだけ薬(注射)が効いているとの事。

その他は、義母の認知症(鬱?)が
最近悪化したのと、そのせいで
旦那と些細な言い合い(ケンカ)を
したためのストレスも大いにある。
(仲直りしましたので、ご心配なく)

婦人科の先生には、義母の
認知症のストレスが大きくて
更年期症状かどうかは、自分では
わかりませんと言いました。

今、不眠(眠れるけど夜中に起きる)が
一番辛い・・・。

『睡眠時間が短くても、それで(睡眠が)
足りる人もいますが、弊害はありますか?』
と聞かれたので、
『寝不足だと、リウマチでの腫れ出たり
不整脈が出たりするので、弊害はあります。』
と答えました。

それならちゃんと睡眠をとった方が
良いから眠剤を検討しては?との事。

今デパスを飲んでいるけど、
それ以外の薬が良いのでは?と。
(これは、帰りに元主治医に相談。
 ロヒプノールの言う薬を処方してもらいました。)


今後は、現在出ている
首(肩)の凝りや、ホットフラッシュ、
睡眠障害等、更年期障害とも
考えられる症状が強くなり、
私が辛いなら、リュープロレリンを中止して、
黄体ホルモン剤の内服に切り替えても
良いと言われました。

本当は手術してしまえば、
注射の治療はしなくて良い事になるけど、
手術したくないなら(それで)との事。

開腹手術はやっぱり今はしたくない。

現在の症状は、リウマチの影響や
ヘルニア等の症状かも知れないので、
更年期障害と判断するのは難しい。
何より、ストレスも原因のひとつだし。

今は、症状の辛さより、
生理が無くて楽という気持ちの方が
勝っているので、今回はリュープロレリンの
注射の3回目をお願いしました。

手術するより良いし、何ならこのまま
閉経して欲しいって感じです(^▽^;)

それより、義母の認知症の方が大変で(;^_^A
ストレスも大敵なんですよね~。。。

色々重なってしまって・・・。
婦人科の先生も少し長い時間
話を聞いてくださって、有難かったです。

そして、今日も注射の時、
看護師さんと色々話しました。

私と同じ位の年齢みたいで、
『この歳ごろは、ホットフラッシュか
親の介護の話で、盛り上がりますよね~』
なんて(笑)『家も~。』とあるある話で。
共感してもらえて、久しぶりに笑ったわ。

次回の通院は4週間後。
その間に、更年期障害(と思われる?)
が辛くなるようなら、次回は注射をしないで
黄体ホルモン剤の治療に変更するかも。

手術か、偽閉経療法の注射か、
黄体ホルモン剤で無月経にするか、
の3択なので、注射がダメなら
内服が良いなと思っています。
スポンサーサイト

検索フォーム
リンク
ツイート
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR